Love & Peace 人柄重視タイプ基本傾向

行動心理学

どうもどうも。

行動心理学ブログ終わったと思いました?

否、まだ続きます。

 

今回は「人柄重視タイプとは」について書きます。

 

過去に書いた12分類は詳細な分類でした。

今回から書くのは3大分類です。

人柄、結果、直感の基本傾向をご紹介します。

 

詳細分類で覚えるよりも簡単に覚えられます。

まずは3大分類を覚えてから、詳細分類を読むとより理解が深まります。

 

ということで、人柄重視についていざ!

 

特徴

戦いたくない

頼まれたら断れない

いい人、人格者と言われたい

和気あいあい

話が長い (ここ重要)

ゆえにムダが多い (ここ重要)

こだわりが強い

原理原則がわからないと前に進めない

 

意思決定基準

相手の人柄

相手との信頼関係

品質、コンセプト、本物かどうか

同じ買うなら仲のいい知り合いから (ここ重要)

 

行動特性

気配り

心づかい

思いやり

協調性

 

頑張り方

周囲と一緒に

得意分野では先進性、革新性、独自性を発揮

 

モチベーションのポイント

使命感

人から頼まれる

わからないをなくす

 

話し方

きちんと理由をつけて話したい

いつも笑顔でフレンドリーに

ニコニコ気配り

 

嫌なこと

人から嫌われること

仲間外れにされること

 

人生に必要なもの

信用

最新情報

愛情

人脈

信頼関係の基礎になるもの

 

キーワード

人柄、世のため人のため、理念、ポリシー、信頼関係

人脈、信用、本物、最新情報、ここだけの話

人、原理、原則、仲間、アットホーム

 

これが人柄重視の基本傾向になります。

人柄重視の人が目の前に現れたらまずはこれらを意識すればOK

 

まとめると

Love & Peace な話の長い人です。

 

 

チームワークが求められること(スポーツや仕事)では抜群に実力を出せます。

長話をしますが、人の話を聞くのも大得意です。

 

人柄重視の患者さんが来たら

・とにかく話をよーーーく聞く

・1〜10まで細かすぎるくらい丁寧に説明する

・物販では本物であることを説明する

以上3点は必ず意識してぼくは対応しています。

 

ここで勘違いしてほしくないのが、

行動心理学は相手を自分の思い通りに動かすためのテクニック

ではないということです。

心理学と聞くとこういったイメージをもつ方が多いです。

 

ですが行動心理学は相手の特性を理解してコミュニケーションすることで

お互いにストレスフリーかつ相手を不快にさせないためのもです。

 

つまり「相手ファースト」なコミュニケーション手段です。

 

そこんとこだけ勘違いなしでお願いしますね!

 

次回は「結果重視とは」について

コメント