いまの仕事を本気で辞めようかと思った。

ブログ

 

自分と同じ分野で圧倒的な何かを見せられたとき、ぼくは2つの反応をします。

 

・これは圧倒的すぎて自分にはできない。

・こんなに凄い人がいるまのか、だまだ自分は伸び代だらけだな。

 

前者は後向きな反応、後者は前向きな反応ですね。

 

今回の TTT1003 問診回 話を聞いている最中は前者の反応になっていました。

というのも、ぼくは他人の気持ちを汲みとるが超苦手です。

 

小学校の通信簿、周り人の気持ちの理解する的な項目はいつも×印

チームスポーツのバスケは中高と続けるも結果出ず、個人種目の空手の方が結果が出ていた。

社会人になり職場の先輩や上司からは気配りができない、相手の気持ちを考えろと注意され続け…

 

ダメだってことは自分自身が一番わかってるんです。

でもどうしたら変われるのかが全然わかりません。

コミュニケーション系の本、心理学の本など読みあさってはみたものの

読んでいる時は理解できても実際の現場になると理解不能に。

 

視野で捉えているのに脳が感知してない失認のような状態です。

 

気配りや思いやり、相手の気持ちを考える
どうすれば出来るようになるのか全く分かりません。

 

こういった物はセンスな部分が大きいのでどうにもならない。
小学生の頃から悩み続けた結果の答えです。

こんな人間が鎌形先生の問診を見せてもらったらどうなるでしょう?

 

ここまできめ細やかに相手の立場で問診しているなんて…自分がやってきたことは何だったのか?

自分にはここまで相手を思いやることはできない。いまの仕事は向いていないかもしれない。

向いていないというより続けてはいけないのかもしれない。

と、本気でいまの仕事辞めようかと思ってしまいました。

 

少なくともTTTを聞いている最中はそうでした。

 

でも鎌形先生の言っていた

「問診をテクニックとして学んできた」という言葉。

 

センスではなくテクニック

 

磨けば伸ばせる部分であると。

 

ぼくにはセンスではないと分かっただけで充分でした。

 

これを理解をした瞬間に

まだまだ自分は伸び代だらけだな。と思えました。

 

なんだ自分まだまだ進化できるじゃん。

 

TTT:Team Innovation主催 online 症例討論型 Live Show THINK TOGETHER

毎回様々な気付きや内省を与えてくれる素晴らしいものです。

今回もありがとうございました。

コメント