愛されし織田先生とリハサクの凄さ

ブログ

毎度おなじみ素晴らしきイベント 「 TTT 」

TTT:Team Innovation主催 online 症例討論型 Live Show THINK TOGETHER

ご存じない方はこちらをチェック

 

今回は織田先生の独壇場?でした。
その凄さ、開始5分で参加者の心鷲掴みです。

織田先生の魅力が溢れ出ていたようですww

 

今回のテーマは「エデュケーション」でした。

お話の中で印象的だったのは傾聴と共有でした。

 

患者さんの潜在的な考えを探るために行う問題質問というものがあります。

・その悩みで困ること、気になること、今後心配なことはありますか?
・何をしているときに一番困りますか?

といった内容の質問なんですが
ここには重要なワードや考え方が隠れています。

何をしているときに一番困りますか?

聞くと当たり前に聞こえますが普段の自分の現場ではどうでしょう。

何をしているときに一番痛みますか?

これになっていませんか?

ぼくはなってることが多かったです。
これが悪いとは言いませんが、この質問だと

患者さんの意識を痛みにフォーカスさせ過ぎてしまう可能性があるわけです。

ハッとしますよね。

 

こんな感じで織田先生の臨床というのは深いです。
当然TTTのパネラー全員がこのレベルだとは思いますが
今回は織田先生回なので織田先生にフォーカスします。

 

次に運動指導

いかに患者さんに分かりやすく伝えるか。
いかに重要性や方法を理解してもらうか。

この辺りがキーになってくると思います。

でも患者さんに付きっきりで指導できる環境って珍しいですよね。
ちなみにぼくの院は暇なので付きっきりですwwww

そこで超助っ人になるのがリハサクです。

今回リハサクの代表の近藤さんから話を聞いての感想

こりゃすげぇ

もうこれに尽きます。

運動指導の重要性をわかっていて指導したいが忙しくて指導時間が確保できない。
そんな先生は有無を言わさずに導入です。もう即導入です。

詳細はここに置いておいきますね。

 

今回のTTTで少しだけ織田先生の戦闘力が見えた気がします。
でも多分この人まだ能力の9割は隠してますねw

来月はDr.山田こと山田先生の触診セミナーでいじめられてきますw
待ってろよ名古屋ぁぁぁぁぁぁ!

コメント